住宅模型

空室リスクの低減に有効

メンズ

入居希望者の幅を広げる

空室対策を行う上で重要になるのが入居希望者の幅を広げることであり、候補者が増えるほど選んでもらえる可能性は高くなります。家賃債務保証の契約を結んでおくことはその点で優れている手段になることからよく選ばれるようになりました。通常、賃貸契約を結ぶためには家賃の滞納を懸念して連帯保証人を置いてもらうように求めることになります。しかし、意外に多くの人が連帯保証人を立てることができずに困ってしまっているのです。連帯保証人の責任は重く、もし滞納したときには有無を言わさず連帯保証人に対して取り立てを行うこともできます。家族ですら断ることがあるのが連帯保証人なのでなかなか見つけられずに困る人は多いのです。そのような人でも家賃債務保証がある物件であれば選ぶことができるため、始めから不動産会社に家賃債務保証のある物件を紹介して欲しいと伝える人もいます。そのときに候補に挙げてもらえることで入居希望者を増やせる可能性があるのです。もし連帯保証人が立てられる場合には必ずしも家賃債務保証を受けるために保証料を支払わなくて良いという仕組みにしておけば、連帯保証人を確保できる入居希望者にとってもマイナスになることはありません。それを受け入れてくれる会社もあるため、空室対策として予め契約しておこうと考える人が多くなっています。空室ができてきてしまってからでも対策として有用なので家賃債務保証に目をつけておくのは賢いと言えるでしょう。