男の人と女の人

良い物件を選ぼう

つみき

物件選びは慎重に

資産運用にも多くの種類がありますが、不動産投資は長期に安定した利益が得られる、税金対策になるなどで人気となり、多くの人が挑戦しています。そして不動産投資で確実に利益を上げている人もあれば、せっかく物件を購入したにかかわらず、入居者が集まらないなどで失敗してしまう人もあります。不動産投資を行うのであれば失敗は避けたいところですが、失敗してしまう理由のひとつには物件選びを間違っているということがあげられます。物件はできるだけ安く購入できるほうが良いですが、中古の場合は設備が古い、防音が良くないということも少なくありません。さらに周辺の環境が良くない、交通の便が悪いなどとなると入居者は集まりにくくなってしまいます。さらに不動産投資用の物件を購入する際はローンを組むことも多いですが、借金の額があまりに多いと返済で苦労することになりますので、借金は無理なく返済できる範囲に抑えておくことも大事です。そして、不動産投資に失敗してしまう例としては管理がしっかり行えないということもあげられます。不動産投資はただ物件を貸すだけではなく家賃の集金、クレームの対応、建物のメンテナンス、清掃など様々な業務が必要となります。他に仕事を持っていて、副業でマンション経営を行うとなると管理の時間が取れないという人もあるのではないでしょうか。管理のことで悩んだ場合は専門の管理会社に依頼するなどの対策も考えておきたいところです。

空室リスクの低減に有効

メンズ

空室対策として家賃債務保証を利用することが多くなっているのは、連帯保証人を立てられない人も入居希望者に含められるようになるからです。保証料を払うのを必須でないとする業者と契約すると連帯保証人を確保できる人にもマイナスになりません。

マンション経営の賢い方法

お金

賃貸マンションは入退去が必然ですから、マンション経営で安定した収入を得ることは困難です。しかし、一括借り上げというマンションを丸ごと一棟貸すというシステムを採用すれば、空室の有無や数に関わらず、賃料は一定ですから、安定した収入を得ることが可能となります。

賢い不動産投資

マンション

賃貸経営の最大のリスク、空室は賃貸物件の所有数を多くすれば軽減されるので、マンション経営が賢い不動産投資だと言えます。安い中古マンションを融資を受けて購入すれば、多額の資金がなくても始められます。また、実際のマンション経営は専門の会社に協力してもらえば、素人でも可能です。